• 支配者は、怒らせてから罪悪感を刷り込むことを目的としています。(1)

    よく怒ってしまう人は自分の悲しみを知って下さい。

    そしてその怒りが自分を支配する者への怒りだと知りましょう。

    そして正しく怒りを使って良いと自分に許可を出して、怒りの力で支配者と自分を切り離しましょう。

    支配者は、怒らせてから罪悪感を刷り込むことを目的としています。

    罪悪感を刷り込んでから罰を与え支配するのです。

    罪と罰。

    飴と鞭。

    巧みに操るのが支配者です。

    カテゴリ:教育

    菅原

    コメント:0人 購読:2人 配信数:1

購読する

Email: 名前:
利用規約
「info@zenitaku.jp」からのメールを受信できるようにしてから購読して下さい。

コメント

お名前(必須)

E-MAIL(必須)※非公開

コメント(必須)


コメント一覧