• 洗脳から身を守る方法(1)

    レベルが高ければ高いほど自由にイメージを操作できます。

    人はそのイメージがまず動き、そのイメージが私達の思考や行動を促してきます。

    つまり、無意識の中に悪いイメージが他者によって作られてしまうと呪いだろうが病気だろうが霊現象だろうが起こせるというわけです。
    無意識の中に『悪霊がいる』という強烈なイメージの生成に成功すれば、その人は『霊現象のような幻覚や幻臭や幻触などを起こせる』のです。

    わかりますか?霊は無意識操作で思い込ませれば作れるのです。

    これは非常に濃い話ですので知っておいて下さい。

    霊現象さえ作り出せるという事は、精神病のような症状も無意識の操作で作り出せるわけです。

    話は戻りますが、よく怒る短気な人は、私の経験上99%の確率で既に無意識操作を生活上問題のあるレベルで操作されてしまっています。
    そんな無意識操作をしている存在は今回のお話では10代の子Yです。

    このYは私も非常に驚いたのですが、周りからはそんな事ができるような子には見えませんが、
    洗脳の初歩的な基本呼吸法、しぐさ、アンカーの埋め込み、トリガーの作業方法などをマスターしていました。

    無意識にアンカーを埋め込んでいつでも呼び出せるようにトリガーと繋げて、呼び出したい時にトリガーを作動させれば、埋め込んだ仕掛けが動くのです。

    私はずっと探っていたのですが、トリガーを引く瞬間を見つけました。
    そこからどんどん探っていくとここに書けない事実も出てきました。

    このYは怒ることで瞬間的に変性意識状態(トランス)を引き起こし、人の防除壁を突破することができる子です。
    本人いわく自分は子供なのでレベルはまだまだ低いと言っていますが、私から見るとたいしたものだと思います。

    そして、この子がこれから大人になると、一体どれだけの洗脳が出来るようになるのか!?という点が心配です。
    既にこの子は恐ろしい事をしてしまっている子なのです。

    よく怒る短気な人は必ず周りに意識的か無意識的は別として変性意識状態(トランス)を引き起こしマイナスの働きを出している人がいます。

    そのことを軽く見ないほうが良いです。

    多くの人は何も分かっていませんが、瞬間的に変性意識状態(トランス)を引き起こし問題を形成している事がよくあるんですね。

    詳細を書くと真似する人が増えるとやばいので書きませんが、巧妙に絡ませて形成しておけば、人を消すことも出来るのです。
    しかも、直接何かするわけでもありませんから、逮捕されることなどないのです。

    これからは洗脳時代の本格的な時代で、既に洗脳時代に入っています。

    洗脳されるか、洗脳から身を守るか、末端の庶民までがこの洗脳からは逃れられなくなります。

    既にあちこちで見えない洗脳は動いています。

    洗脳から身を守る為に役立つ情報を完全無料で配信します!

    カテゴリ:教育

    洗脳から身を守る方法

    コメント:0人 購読:132人 配信数:1

購読する

Email: 名前:
利用規約
「」からのメールを受信できるようにしてから購読して下さい。

コメント

お名前(必須)

E-MAIL(必須)※非公開

コメント(必須)


コメント一覧